PageTop
ぷらす鍼灸整骨院TOP
BLOGブログ

治ると思っていると・・・

[骨盤矯正]

2016.8.20

40代男性
1か月前に首を寝違えてしまい、痛みが強くなかったためほっておいたら治ると思い、ほっておきました。
すると2週間たったころから首から肩にかけて痛みがでてきて、さらにそこから背部にまで痛みがでてきました。
そして3週間たったころから痺れのような症状を手に感じはじめこれはまずいと思い来院してくださりました。
来られた際には首を上に向けることも出来ず、むけると首かいちrら肩にかけて痛みと痺れを訴えられる状態。
左右に動かすのも動きが悪くなってしまってました。
そこでまずは周りの筋肉をほぐすように鍼治療をさせてもらいました。鍼治療をすることで周りの筋組織をほぐすことが出来、さらに鎮痛効果も期待出来るためです。
痛み自体はまだ残りましたが首を動かすのが楽だという実感を持ってもらえました。
次に首の矯正治療を受けてもらい、頚椎がずれてしまい動かなくなってしまっている首に可動域を付けていきました。
2日目続けてきてもらい、マッサージ治療をさせてもらいました。
可動域、痛みともほぼほぼ取れていたため、本人の希望もあり治療を終わらせてもらいました。
少しの痛み、違和感をほっておくと身体はそこの痛みを庇い、様々な症状を引き起こします。
なにか違和感、不安感を抱えてた時にはなんでもご相談ください。