PageTop
ぷらす鍼灸整骨院TOP
BLOGブログ

こむら返りが起こるのはなぜ?

[こむらがえり]

公開日:2018.1.12 / 最終更新日:2019.2.23

こんにちは。ぷらす整骨院都島中通院です。
今日のテーマは「こむら返り」です。
何故起こるのかなどの原因は主に3つです。

1. 栄養・水分不足

ミネラル分(カルシウムやマグネシウム、ナトリウム、カリウム)や、ビタミンB1やタウリンといった栄養素が不足すると、
筋肉や神経が興奮(痙攣)しやすくなったり、疲労しやすくなり、足がつりやすくなるそうです。
特に、ナトリウムとカリウムなどの血液中にあるミネラルイオンが影響していると考えられています。

2. 筋肉疲労

運動すると汗をかくことで、水分と一緒に体内のミネラル分が失われやすくなります。それにより体内のイオンバランスが崩れると、
筋肉からの信号がうまく伝わらず、また、筋肉が正常に動くためのエネルギーが供給されず、足がつりやすくなるようです。

3. 血行不良

冬場になると、足がつりやすくなることがあります。これは、足の冷えによる血行不良が影響していることも。
足が冷えて血行不良になると、ミネラルイオンなどが全身に行き届きづらくなり、筋肉が収縮しやすくなります。
また、冷えにより筋肉がこわばってしまうため、足がつりやすくなるようです。 夏の冷房による冷えも気をつけたいですね。
またこの血行不良の原因としては骨盤の歪みなどが大きく関係していることが
多いです。足の筋肉を上手に使えていないころからこの様な症状が起こりやすいので、
日頃から対策をしておきましょう。
私達の整骨院ではこのような症例を多々扱っていますので
いつでもご相談にお越しください。