PageTop
BLOGブログ

「まだ大丈夫」は「大丈夫」ではありません。

[季節の悩み]

2017.3.15

先日、ご来院いただいた患者様です。
現在通院中の患者様とご一緒に来られました。
1か月ほど前に荷物を担いだ時に腰を痛めたが、あまり痛みがなく「まだ大丈夫」としていたのだけれども、
徐々に担いだ肩が痛くなり、また、腰の痛みも強くなってきた。
さらに首も動かなくなってきた・・・
とのことで、ご来院いただきました。
症状を見させていただいたところ、首・肩・腰の筋肉の緊張が強い。
ただ、炎症は感じられない状態でした。
関節の可動域を調べたところ、正常に比べ半分ほどの動きになっていました。
また、関節の歪みを確認したところ、首の骨・骨盤に大きなゆがみがあることがわかりました。
そこで、筋肉の緊張をとるマッサージと、骨の歪みを治したところ、
施術後すぐに『痛みが半減』しました!
そこで、さらに筋肉を緩めるために鍼治療を追加で行ったところ、
『最初の3割くらいまで痛みが軽減』しました。
ただ、1か月も放っておいたこともあり、完全に痛みが引くことはなく、しばらく継続しての施術を受けていただくことになりました。
『まだ大丈夫』と思っていて、放っておいてもよくなる症状は少ないです。
確かに良くなる方もおられますが、それまでずっと辛い症状を抱えることになります。
『痛い』『違和感がある』といったときに、すぐに治療を受けると、放っておくより短時間で改善しますし、
痛みがひどくなることを予防できます。
『まだ大丈夫』は『早期治療のチャンス』です。
痛みが強くなる前に、一度治療に来てみませんか?
ぷらすグループはいつでもお待ちしております。