PageTop
ぷらす鍼灸整骨院TOP
BLOGブログ

季節の変わり目の痛み

[季節の悩み]

2017.3.6

こんにちは。
三寒四温、少しずつ暖かい日も増えてきて春が近づいてきましたね。
そんな季節の変わり目は「首の寝違い」や「ぎっくり腰」など急性症状が起こりやすい時期とも言えます。
いずれも冬の間に硬く縮んだ筋肉や関節を繋げている靭帯が急激に伸ばされることによって痛めてしまう「捻挫」の一種なんです。
気温が上がってきても、硬くなった筋肉はすぐには柔らかくなりません。でも頭では春を認識してきます。
そのギャップが引き金になってしまうんです。
頭では春が来て「体が動ける」とある種錯覚してしまいますが、実際の体はまだ筋肉が硬いままでスムーズな伸び縮みができません。
そして知らないうちに筋肉は急に引き伸ばされ痛めてしまいます。
 
もちろん全員に起こるわけではありませんが、用心にこしたことはありません。
 
だから日頃のケアが重要になってくるのです。
施術やセルフケア(入念なストレッチなど)で筋肉を柔らかくしお身体を良い状態でキープすることで防げます。
 
もし毎年のように季節の変わり目に首や腰を痛めてしまうなら、治療を受けてみてください。
お身体を変えるチャンスですよ。