PageTop
BLOGブログ

冬に備えてできること。

[季節の悩み]

2016.10.21

気温が下がり、寒くなってくると身体にはいろんな変化が生じてきます。
 
『ぎっくり腰』
前かがみなど腰を曲げた状態から起き上がろうとしたときに急に痛みが出て動けないような状態。
これからの時期多くなってきます。筋肉がいつもより硬くなってしまうのが原因のひとつです。
ぎっくり腰の予防に今の時期から必要なのは筋肉の柔軟性です。
方法は、ストレッチ・鍼灸治療・EMS(深層筋のトレーニング)・矯正治療です。
 
『体調不良による頭痛・風邪症候群・こむら返り』
体調管理が難しくなってきています。
頭の筋肉が硬くなってしまい、頭痛が出やすくなる。
手足の冷え・むくみ・鼻水・こむら返りなど普段よりも冷えからくることが多くなります。
 
 
様々な状態になりやすくなりますが、今の時期であれば鍼灸治療!
特にお灸が効果絶大です。
カイロなどで温めていらっしゃる方も多いと思いますが、それでは表面の筋肉しか緩んだり温かくなりません。
これでは予防することもできません。体温向上効果のあるツボにお灸をすることにより
身体の芯まで温まり、ぎっくり腰や体調管理もしやすくなります。
症状がでてからするよりも少し早い段階から治療することによりさらにいい状態で
冬を迎えることができます。
 
当グループで扱っているお灸に関しては、火傷の心配も無く、安全に受けて頂けます!
気になる方は、お気軽にお越しください。