PageTop
BLOGブログ

マラソン!!

[季節の悩み]

2016.10.17

大阪マラソンも近づいてきました!
最近はジョギングがご趣味の患者様も多いです。
当院の患者様でも今回10キロマラソンにチャレンジされた患者様がいらっしゃいました。
普段はフットサルなど運動もされている方ですが、マラソンとなるとあまりご経験がなく、
走れるか不安に感じていらっしゃいましたが、無事に完走されました!
ただ、筋肉痛がひどい。。。
お尻あたりから足の外側にかけての痛みがあって、普通に歩くのも痛い。。。
なぜなら、フットサルで使う筋肉とマラソンで使う筋肉は少し違うということと、
走り方が足に負担のかかる走り方をされていたので、足に必要以上の負担がかかってしまったからです。

フットサルでは、主に速筋という筋肉を使います。簡単にいうと、短距離を走る時に使う筋肉です。無酸素運動時に使います。
ジョギングやマラソンで使う筋肉は、遅筋は、長距離に走る時に使う筋肉です。有酸素運動時に使います。
普段、速筋を多く使う人は遅筋の量も少ないので、いきなり遅筋を使うと筋肉痛になりやすいのです。
そして、この患者様は走る際に足の外側に体重がかかる走り方をされていました。
本来であれば、足の前の筋肉を使って走るのが正しい走り方ですが、足の外側の筋肉を使って走っていたので、足の筋肉に必要以上の負担がかかってしまっていました。
それでは、余計な負担をかけてしまっている状態なので、足が疲れやすく、長距離を走るのには適しません。
同じスポーツでも、内容によっては使う筋肉も、使い方も違うのです。それを知ったうえでスポーツをするともっと良いパフォーマンスができます。
スポーツをされる方は、些細なことでもぜひ一度ご相談ください。