PageTop
ぷらす鍼灸整骨院TOP
BLOGブログ

怖い。熱中症

[季節の悩み]

2016.8.5

皆さんこんにちは。毎日暑い日が続きます。こんな季節によくなるのは熱中症です。
死亡例も出ているほど実は怖い症状です。
では実際に熱中症とはどんな症状がでるのでしょうか? 代表的な症状について記載します。
//

1.熱失神

原因:熱を体外に逃そうとして皮膚の血管が広がり、その分脳への血流が減る
症状:めまい・冷や汗・一過性の意識障害など
 

2.熱けいれん

原因:汗をかいた時に、塩分補給をせず水分だけ取ったため、血液の塩分濃度が低下する
症状:手足のけいれん・筋肉痛・足がつるなど
 

3.熱疲労

原因:大量の汗をかいているのに水分補給ができない
症状:全身の倦怠感・吐き気・嘔吐・頭痛など。体温上昇は40℃以下
 

4.熱射病

原因:脱水症状の悪化や体温調節機能が働かないため
症状:40℃以上の体温上昇・発汗停止・意識障害・全身の臓器の障害
熱中症といってもこんなに分類があります。ほかにもこんな症状が出たら要注意!熱中症のサイン

    

  • 口が強く渇く
  • 

  • めまい・立ちくらみがする
  • 

  • 生あくびが頻発する
  • 

  • 頭痛
  • 

  • 吐き気や嘔吐がある
  • 

  • 手足のけいれんが出る
  • 

  • 身体がだるくなる
  • 

  • まっすぐに歩けない
  • 

  • 汗が出過ぎたり、出なくなったりする
  • 

  • 意識がなくなる、混濁する

では、このような症状がでたらどのように対応したらよいのか?
基本的には
1安静
2冷却
3水分補給
が原則となります
特に3番は細かく行う必要があります。
のどが渇いたなーと感じるときは既に大量の水分が失われている可能性が高いのです
また塩分や糖分も同時に補給する必要があるのでスポーツドリンクや牛乳が良いとされています。
身体を守り健康を維持するには知識も必要になります。
ぷらす整骨院では日常の病気や症状に対してアドバイスやケアも行っています。
ぜひ、何でもご相談くださいね。