PageTop
BLOGブログ

花粉症だけじゃない、今からの体調管理

[花粉症]

2018.2.23

あと少しで3月になりますね。気温もこれから暖かくなり過ごしやすい時期がやってきます。
そこで気をつけたいのが体調管理です。季節の変わり目は特に注意が必要になっております。
人間は環境の変化に敏感です。今年は下記の内容に注意してみれば季節の変わり目は最高になりますよ。
「季節の変わり目」とはいつを指すのでしょうか?
気象庁の区分では、3月~5月が春、6月~8月が夏、9月~11月が秋、12月~2月が冬とされています。
しかし実際にいわれる「季節の変わり目」は、寒暖差が激しい時節を言います。
季節の変わり目は、1日1日・朝晩の寒暖差も大きいため、体へ大きなストレスがかかります。
特に年度の変わり目でもある3月~4月は、就職・転職・部署移動・進級進学…など、環境の変化も多い時期です。
環境の変化は心への大きなストレスとなります。季節の変わり目でも、特にこの時期に体調不良を感じる人が多くなります。
朝・昼・夜の寒暖差が激しかったり、昨日暖かいかと思えば今日は寒い!…そんな季節の変わり目に起こる体調不良の一番の原因は、
気温差による自律神経の乱れです。自律神経には、活動しているときに働く交感神経と夜間やリラックス時に働く副交感神経があります。
この2つの神経は、体温・発汗の調整、呼吸、循環、代謝などを司っています。激しい寒暖差は、頻繁な体温・発汗の調整を余儀なくされます。
そして、交感神経と副交感神経のバランスが崩れる「自律神経の乱れ」を引き起こすのです。
自律神経を乱す原因には、ストレスや生活リズムの乱れ・睡眠不足、ホルモンの影響などがあります。
それにぷらす寒暖差が重なり、自律神経を乱していることもあります。
症状としては、①頭痛②肌荒れ③めまい・耳鳴り④倦怠感・眠気⑤気分が落ち込む⑥胃腸の不調などです。
上記の症状は下記の予防策が効果的です。
①たくさん寝る(睡眠時間をいつもよりも長く)②三食きちんと摂る③リラックスする時間を作る④適度な運動⑤鍼灸治療です。
いつもよりも健康に気を付けるようにするだけでも効果はたくさんでます。
特に鍼灸治療に関しては自律神経に対する調節効果が絶大です。
季節の変わり目が近づいています。今のうちに自律神経を整えましょう。