PageTop
BLOGブログ

『治る』に年齢制限なし!

80代男性の方が来られました。
趣味で囲碁をしておられるのですが、
1.ふと、横を見た時に首が痛む。
2.腰を曲げると痛みが出てくる。
3.徐々に歩きにくくなってきている。
とのことで、当院に通院していただいているご友人のご紹介にてご来院いただきました。
症状を見させていただくと、
1.首を左側に回すと左首後面に痛みが出る。
2.腰を曲げると痛みが出る。(中腰動作で痛み増強)
3.歩行時に太もも前面が張り、膝に不安定感がする。(歩幅を大きくすると不安定感増強)
複数の個所に症状が発生している状態でした。
日常生活について確認をすると、普段からうつむきになることが多く、同一姿勢で長時間いることがあり、また、最近出歩く回数も減り、運動をしていない。とのことでした。
そこで、各症状に対して、下記のように対処法を立てました。
1.うつむきを治すための首・背部の筋肉を緩め柔軟性を高める。
2.腰部の筋緊張をとることで、同一姿勢で固まった腰回りの筋肉の柔軟性をとる。
3.骨盤の歪みを整え、腰回り・下肢の筋肉を正常に使えるようにする。
ご高齢ということもあり、筋力は衰え、柔軟性がなくなってきている状態だったため、
最初は「施術後は楽になるがしばらくすると戻る。」という状態でしたが、
1週間続けて通院したところで、1日丸々開けても痛みがない状態となりました。
その後、1日おきに施術をするようになり、
今では2回/週のペースでの施術でも痛みが出なくなっており、
まだ、ハリ感があるため、通院をしている状態です。
また、定期的に通院することで、歩行を前よりするようになり、以前より歩行時の安定性も出てくることになりました。これは、①骨盤のゆがみが取れてきた。②使うことにより、眠っていた筋肉を使えるようになった。③施術により下肢の筋肉に柔軟性が出てきた。
そのため、『以前より出歩く事が楽しくなってきた』とのお声をいただきました。
人それぞれ速度は違えども、辛い痛みを改善していくことは可能です。
・いつも同じことをしていて、痛みが出ても当たり前だと思っている。
・どこへ治療へ行っても「歳だから」と言われる。
・歩いても何にも変わらないと、ご自宅から出歩かなくなっている。
そんな方はおられませんか?
適切な原因追及、そこから生まれる処置により、必ず良くなります。
ぷらす整骨院では、的確な検査、また、そこから生じる判断をもとに、患者様にとって最も良くなる方法をご提案させていただきます。
いつでもご相談ください。