PageTop
BLOGブログ

痛みの種類について

先日来られた患者様で肘の痛みが2か月以上続き、何をやっても痛みが治らないと来院された患者様のお話です。
この患者様はこれまでに整形外科で注射を受けたり、湿布を貼ったり、他の整骨院で続けてマッサージを受けたしたけど全く痛みが変わらずなぜ痛いかが分からないとおっしゃっていました。そこで検査をすると左の肘関節が以上に腫れていました。外傷の有無を伺うと思い当たる事は何もないとの事。ただ仕事で介護と事務仕事をしているので腕をよく使うとの事でした。
しかしそれを踏まえてもここまで腫れる事は考えにくく、話を聞くと痛みがある場所を温めて、自分でも痛みの場所をマッサージしていたとのことでした。
そこで腫れを早期に抑える為にアイシング、鍼治療、患部の圧迫を行いました。次の日に続けて来て頂き患者様に状態を確認したところ患者様から一言『初めて肘の痛みが楽になりました。』
このケースは明らかにこれまでの処置の仕方に間違いがあり無駄に2か月以上も痛みを抱えたままになっていました。
痛みの種類によって治療の方法は異なります。適切な治療がなさなけば今回のような事になります。
治らないと思っている症状は単に症状に見合った治療をなされていない事が多いです。
ですのでこのブログを拝見された方はお気軽にご相談頂ければ対応させて頂きます。