PageTop
BLOGブログ

痛みの原因はどこに?

50代女性の患者様が来院されました。
股関節の痛みを訴えられており最近になり歩きにくいとのことです。
整形外科の方にも行かれ、その際に骨には異常はないといわれ、電気治療、マッサージ治療、湿布と痛み止めを処方され様子を見てくださいと帰ったとのことなのですが、痛みが変わることがなかったので、当院に来院されました。
股関節の痛みを訴えられていたのですが、もともと痛くなったのは膝が痛みがでてきて、膝の痛みを感じなくなってから股関節がおかしくなったとのことです。
状態を診させて頂くと、骨盤の傾きが大きくずれてしまい、股関節の関節の位置もずれてしまっているところから、膝の天井を向かず、斜め外側を向いている状態、足首も大きく外にひろがっていました。
この状態では正常に筋肉を使うことは出来ません。
まずはその使い方を治す所からやっていきました。骨盤の傾きを治し、股関節、膝関節、足関節としっかりと治していくことで3回目の治療では痛みはまだ残るけども歩きやすくなったと喜んでくれています。
次が4回目の通院になりますが、しっかりとまた関節部から整えていくことで痛みをとれていくことが予想されます。
痛みの原因がわからない。治るかどうかわからない。そんな疑問や不安をお持ちのかたは是非ぷらす整骨院へ来てみてください。