PageTop
BLOGブログ

寝不足改善のための一歩に!

[不眠]

2017.8.31

みなさんこんにちわ
あっという間に八月が終わりますね^^
最近寝不足だという声をよく聞きます。
寝不足になる原因は様々で、ストレスだったり、テレビ、ゲーム、携帯の見すぎであったり、運動不足だったりします。
そういう方は割と肩こりの症状を持っている方が多いように思います。
デスクワークだったり、携帯を見るときに下の向きすぎによって肩が丸くなってしまい
知らないうちに筋肉に負担をかけてしまっているのです。
肩こりと呼ばれる症状で関わりのある筋肉は
僧帽筋(そうぼうきん)、肩甲挙筋(けんこうきょきん)、棘上筋(きょくじょうきん)、棘下筋(きょっかきん)、大胸筋(だいきょうきん)・・・と多くの筋肉があります。
後ろの筋肉に目が行きがちですが、実は前にある大胸筋(だいきょうきん)も関係があります。
大胸筋は肩を内側に持っていったり、前へ挙げるときに使われる筋肉です。
つまりこの筋肉が作用したまま固まると肩を丸める状態が続きます。つまり猫背のような状態になります。
肩こりに関しては後ろの筋肉はもちろんですが、しっかりと前にある筋肉も治療しなければ改善しません!
しかも大胸筋は呼吸筋(こきゅうきん)とも呼ばれ、呼吸に関わる筋肉であり、
大胸筋が固まると呼吸が浅くなりストレスも溜まりやすい状態になります。
肩こりの治療でストレス軽減や寝不足にも効果があります。
気になることがあれば気軽にご相談ください!!
ぷらす整骨院 天六院