PageTop
BLOGブログ

膝の痛みが、、、

[膝の痛み]

2017.3.14

5年ぶりに患者様が来院してくださいました。
お身体に痛みが出て、5年も経っているのに、また当院を頼って下さることに心から感謝でした!
よくよくお話を聞いてみると、1年も前から膝に痛みがあったそうです。
そのうち治るだろうと放っておいたけど、なかなか痛みが続き、ひどくなってしまって
当院に来られたということでした。
もともと変形も以前からありましたが、痛みはそんなになかったのですが、
日々の積み重ねがだんだんと痛みを蓄積させてしまったのです。
診させてもらうと、股関節から下肢のねじれが生じ、膝関節のねじれを引き起こし、
膝の痛みだけでなく、股関節のねじれが臀部の筋肉の緊張を生み、坐骨神経痛のような症状も出てしまっていました。
鍼で臀部から下肢にかけての筋肉をゆるめて、股関節・膝関節のねじれを矯正し、
5回の治療で痛みが10分の3くらいまで減りました。
残りの10分の3の痛みが重要です。
これをしっかりととっていかないと、今はよくてもまた痛みを引き起こしてしまいます。
残りの3の痛みは、体の使い方です。
私たちは知らない間に体の使い方にくせが生じてしまっています。
日常の生活背景から無意識に出てしまうので、気付かないことが多いです。
その方にもよくよくお話を聞いていると、ご自宅で地べたに座っている際に、横座りをされているとのことでした。
横座りは下肢をねじった状態になるので、膝関節や股関節に負担をかけるだけでなく、
骨盤のねじれも生じてしまいます。
何気なく普段からやっていることが、痛みの原因になってしまうことが多くあります。
それをやめるようにお伝えしたところ、治療後に痛みがとれた状態が維持できるようになってきました。
普段からの体の使い方って本当に大切です。
お仕事や子育てや家事など、どうしても生活の背景上そうなってしまうこともあると思いますが、
そこに気付くことで体は大きく変わります。
それを見つけることを一緒にやっていきましょう!