PageTop
BLOGブログ

運動時の膝の痛みは捻じれから!?

[膝の痛み]

2016.2.10

ある日50代男性がご来院されました。
症状としては、テニスをしていたら、膝が痛くなってくる。今まで週2回の練習を行っていたが、最近は痛みが強く集中できない。頑張っても力強く踏ん張れない。という状況でした。
状態を確認させて頂いたところ、踏み込んだ時に膝が内側に捻じれ、それを補うように足首は外向きに捻じれていました。また、股関節の捻じれも強く、上向きで寝たら、足の先が外を向く状態でした。そして、股関節が固くなり、骨盤の動きも悪くなっていました。
そこで、骨盤と膝の矯正を行いました。
すると、踏み込んだ時の痛みが無くなり、その上、体重をかけてもこわくない。治療後すぐに起こった変化にびっくりされていました。
すこしでも早くテニスをしたいという事だったので、足首にテーピングを巻き、膝の捻じれを出にくくして、再発を予防することとしました。
翌日、通院された時に、練習を最後までしても大丈夫だった。ただ、まだふと痛みが出る時がある。とのお話があったため、その週は1日おきに、2週目は2回のご通院をしていただきました。その結果練習をしても痛みが出なくなり、違和感や痛みが再発した時のみご通院をいただく状態となっています。
気合で乗り越えるのも良いですが、ご相談いただいた方が早く治ることも多いです。
何かありましたらいつでもご来院下さい。
運動ライフを全力サポートいたします。