PageTop
ぷらす鍼灸整骨院TOP
BLOGブログ

冷房が恋人

[冷え症]

公開日:2017.8.22 / 最終更新日:2019.2.23

暑い日が続き、仕事中は冷房、夜寝ているときも冷房の生活。
一秒足りとも離れることができない、「冷房が恋人」
しかし、ベッタリは禁物ですよ。たまには離れてみましょう。
冷房の部屋で仕事を続けると頭が痛くなったり、体が重く感じたりしませんか?
外に出た時、暖かくて妙にホッとすることあるでしょう。
そんなあなた、昼ごはんは何を食べましたか?
食欲ないから、ざるそば定食ですね。
食べたいものがなく、ゼリーやフルーツだけで済ませてしまう人、
要注意。
9月になる頃には、ダウンします!いわゆる夏バテです。
過度の冷房によって、体温を調節する本来の神経のバランスはくずれてしまいます。
そして、頭痛、食欲不振、倦怠感、神経痛、むくみ、肩こり、頻尿、下痢、便秘など
あらゆる症状が出ます。これらは自律神経失調症の症状であり、夏バテの原因となります。
この記事を読んで、はっと思ったら、改善してみましょう。
まず、冷房を弱くし、外気温との差を5°C以内にする。
冷風が直接皮膚に当たらないようにする。
軽く汗をかく程度の運動をし、体温調節機能を刺激する。
これだけで、効果は必ずあります。
今日から、あなたの健康に「ぷらす」になること、実行していきましょう。
 
ぷらす整骨院 高円寺院
東京都杉並区高円寺北2-22-9
JR中央本線高円寺駅北口徒歩4分
03 – 5356 – 4970