PageTop
BLOGブログ

クーラーによる身体のだるさ

[冷え症]

2017.8.12

こんにちわ!
暑い日が続いていますね。みなさん今クーラーを続けて付けていると思います。
クーラーをつけないと夜寝れないということでつけっぱなしで寝ることもあるのではないでしょうか?
クーラーを継続してつけている部屋で一日過ごしていくと、お体はかなり冷えてしまいます。
この冷えこそ人間の身体にとって大きな怪我であったり、病気を起こすのです!
なぜそれがおこるのか、それは冷えにより血管が収縮してしまうからです。血管が狭くなってくる中血液はそこを通れません。
なので筋肉に届くべき血液が届かず、筋肉が酸欠状態になります。そうなると動かすことが出来なくなってしまいため、どんどん筋肉はかたくなってしまいます。
硬くなってしまい身体に血液がうまく巡らなくなってしまうと、だるさ、痛み、痺れ様々な症状を引き起こします。
そうならないためにも硬くなってしまった筋肉をほぐす。
ほぐすために冷えた身体をストレッチやお風呂で暖める。そのようにするだけでだいぶと身体のだるさが変わります。
この暑い夏、元気で乗り越えるために、しっかりと自分の身体のケアをしていきましょう!