PageTop
BLOGブログ

ぎっくり腰

[ぎっくり腰]

2018.7.5

腰椎捻挫
腰椎捻挫は一般的に「ぎっくり腰」と言われているものです。
原因は様々で、姿勢不良(骨格の歪み)、運動(筋力)不足、肥満、同じ姿勢での腰への過度の負担、スポーツなどでの激しい腰を捻る動作、交通事故での一瞬の衝撃、などがあります。
これらの原因によって、靭帯、筋膜に炎症が起こってしまい、動けない程の激しい痛みに襲われることもあります。
また、適切な処置をしない為、繰り返し腰椎捻挫を繰り返すこともあります。
ぷらす整骨院へ来院される患者様で、整形外科で診察していただいたが、湿布をくれたりや神経ブロック注射を打たれるだけで、根本的な部分が治っている気がしないと言われる方も少なくありません。
実際に、湿布やブロック注射などでその時の痛みは落ち着きますが、筋力不足や歪みを治しているわけではないので、再発してしまうことも多いのです。
しかし!ぷらす整骨院では、その時の痛みを取ることはもちろん、患者様一人一人の状態を見抜き、その人に合った治療プランを提案します!
歪みがあれば、骨盤矯正!
筋肉の不均衡にはEMS(indepth)!
人体の治癒力を高める鍼灸治療!
院での治療だけでなく、家庭で出来るストレッチ指導や、トレーニングの指導もしています。忙しく治療に来れないからといって不安になることもありません。
患者様が良くなる為の最短、最善を尽くします!