PageTop
BLOGブログ

ギックリ腰はなぜ起きるか!

[ぎっくり腰]

2017.11.24

こんにちは。ぷらす整骨院中通院です!
本格的に寒くなり足先も冷えてしまう方が多いのではないのでしょうか?
お灸は足先の冷えむくみを改善してくれるので一度受けられてみてはいかがでしょうか。
今日はギックリ腰についてお話いたします。
ぎっくり腰とは急性腰痛症とよばれるもので、急に腰部に激痛がはしる症状として有名です。
ふとした瞬間や、急な動作、重い荷物を持とうとしたとき、体を回旋(捻った)ときなどにその場にうずくまらなければ
いけないほどの激痛が走ると言われています。 あまりにも強い痛みが急にやってくることから
欧米ではその病態から「魔女の一撃」 とも呼ばれています。
実際に腰痛で悩まれている方は八割にのぼると言われていますが。
その原因としては「重い物をもった」「中腰で物をとろうとして」「突然動いたため」
起こる理由としては様々ですが、起こる原因としては日常生活の中で普段の「姿勢であったり
筋肉のメンテナンス」が大切になってきます。
例えば、背中が丸いまま一日いると姿勢を真っすぐに戻す時に辛いですよね?
この様に筋肉に負荷をかけることにより積もり積もった筋肉の疲労が
ギックリ腰を起こす大きな原因となるのです!

ギックリ腰を起こさないためにも、普段のケアが重要になってきますので
リラックスすることにより筋肉の緊張がとけやすいと言われているので、ゆっくりお風呂に浸かったり
暖かいものを飲んだり、緊張している部分に対してのマッサージや鍼治療を行うことが大切です。
ちょっとやばいかもというあなた!!
ぷらす整骨院へ一度ご相談ください。