PageTop
BLOGブログ

眼精疲労は鍼灸整骨院で改善?肩こりにも繋がる目の疲れの原因と対策法

[眼精疲労]

2017.12.15

眼精疲労・目の疲れに悩む女性

デスクワークが主流となった昨今、パソコンのモニターを長時間見ている方も多いのではないでしょうか。またスマホの普及によって、目に対する刺激はますます増えています。

パソコンやスマホを長時間見ていると目が疲れるものですが、そのような状態を放置していると、いずれ眼精疲労を発症する可能性があります。今回は眼精疲労の原因、対策法について解説します。

「疲れ目」と「眼精疲労」は違うの?

眼精疲労と疲れ目を同じものと考えている方は多いと思いますが、実は、疲れ目と眼精疲労は区別されています。

簡単に説明すると、目が疲れているものの、睡眠をとれば回復するのが「疲れ目(眼疲労)」。
睡眠をとっても目の疲れがとれず、肩こりや頭痛など目以外の部分にも影響を及ぼすものを「眼精疲労」と呼んでいます。

疲れ目は放っておいてもいずれ治りますが、眼精疲労は仕事や環境、生活習慣などを変えない限り、自然に治ることはありません。

肩こりや頭痛にもつながる?眼精疲労の症状とは

眼精疲労を発症すると、おもに目と体に異常が表れます。目に表れる異常としては、目がぼやけたり、しょぼしょぼしたり、目が充血したりといった症状があげられます。

また、物を見るときに目がかすんだり、少しの時間しか目を使っていないのにすぐ疲れたりするのも眼精疲労の特徴です。その他にも、わずかな光を眩しく感じる、涙が出るなどといった症状も表れます。
肩こりと頭痛に悩む女性

眼精疲労による体の症状としては、肩こりや頭痛、全身のだるさ(倦怠感)、めまい、吐き気などがあげられます。このように、眼精疲労を発症すると、目だけでなく全身に悪影響を及ぼすのです。

眼精疲労によってなぜ全身症状が出るのかははっきりとしたことは分かっていませんが、一つの説として、ものがかすんで見えるのでよく見ようと、不良姿勢になることがあげられています。

デスクワークの場合、ディスプレイに顔を近づけることによって前傾姿勢になるため、首や肩への負担が増し、結果として肩こりや頭痛につながるというケースが多いです。

眼精疲労の原因

目だけでなく体全体に悪影響を及ぼす眼精疲労ですが、そもそもどのようなことが原因となって起こるのでしょうか。

ドライアイ

ドライアイに悩む女性
眼精疲労の原因としてはまずドライアイがあげられます。涙には角膜の乾燥を防ぎ、目に栄養を与える重要な働きがあります。ドライアイになると涙の分泌量が減少するため、眼精疲労のリスクが高くなるのです。

度があっていないメガネ・コンタクトレンズ

眼鏡とコンタクトレンズ

度があっていないメガネやコンタクトレンズも、眼精疲労のリスクを高めます。人間の目はよくカメラに例えられます。たとえばカメラのレンズにあたる部分が角膜や水晶体で、ピントを調節するのが毛様体筋(もうようたいきん)といった具合です。
眼の構造イラスト
度があっていないメガネやコンタクトレンズを着けていると、ピントを合わせるための毛様体筋に過度の負担が生じるため、眼精疲労のリスクが高くなるのです。

VDT作業による目の酷使

パソコンとスマートフォン
現代人に多いのがVDT作業による目の酷使からくる眼精疲労です。VDTは英語の「Visual Display Terminal」頭文字を取ったもので、パソコンやスマホ、テレビ画面の総称です。

現代人は日ごろからパソコンやスマホ、テレビなどを見る機会が多いため、瞬きの回数が減り、それがドライアイに、ひいては眼精疲労につながるとされています。

自律神経の乱れ

自律神経の乱れ

自律神経の乱れも眼精疲労の原因の1つです。自律神経は交感神経と副交感神経の2つからなっており、両者がバランスを取ることで私たちの生命活動が維持されています。

交感神経と副交感神経は、よく車のアクセルとブレーキに例えられます。日中はアクセルを踏み(交感神経が優位になり)、夜間はブレーキを踏む(副交感神経が優位になる)といった具合です。

ところが、ストレスや疲労などが原因で自律神経のバランスが乱れると、夜になってもアクセルを踏みっぱなしになってしまいます。その結果、睡眠の質が低下し、眼精疲労のリスクが高くなるのです。

エアコンの風による乾燥

エアコンを操作する女性

近年の日本は温暖化が進み、真夏ともなると一日中エアコンをつけていることも珍しくありません。そのため、エアコンの風が直に目にあたるような場所にいると、目が乾燥して眼精疲労を発症する可能性も高くなります。

照明やパソコンモニターの光

暗い部屋でのパソコンモニターの光

昔の人は日が昇れば働きに出て、日が暮れれば家に帰ったものです。照明もそれほど明るくないため、現代人には想像もできないような闇で過ごしていました。

ところが、現代は夜になっても街灯やネオンなどが煌々と灯っており、都市部では真っ暗闇になることがありません。

またパソコンやスマホに用いられているLEDからは、目にとって有害とされるブルーライトが発せられています。こういった光の刺激によって、眼精疲労のリスクが高まるのです。

紫外線

紫外線対策グッズ
紫外線も眼精疲労のリスクファクターとなります。皆さんは虹を見たことがあるでしょうか。虹は外側から赤・橙・黄・緑・水色・青・紫の順に並んでいます。

虹のように私たちが目で見える光線のことを「可視光線」と呼んでおり、赤に近づくほど波長が長く、紫に近づくほど波長が短くなっていきます。

なぜ紫外線が目に悪いかというと、紫外線の波長が短いからです。波長の短い可視光線は散乱率が高く、エネルギー量も多いため、目に過度の負担をかけるとされています。ブルーライトが目に悪いといわれるのも同様の理由からです。

紫外線は特に物質に与えるダメージが大きい可視光線です。皆さんもベランダにある洗濯ばさみがボロボロになるのを見たことがあるのではないでしょうか。そのようなダメージが目に加わることで、眼精疲労のリスクが高まるという訳なのです。

病気

青色の飲み薬
以下のような目の病気のサインとして症状がでていることもあります。あまりにも眼精疲労の症状が長引いたり、激しい痛みがあるときは医療機関に相談しましょう。

  • 緑内障
  • 白内障
  • 斜視
  • 眼瞼下垂(がんけんかすい)

この他にも下記のような一見、目には関係なさそうな病気でも体全体の機能が低下することで眼精疲労のリスクが高まります。

  • 更年期障害
  • 自律神経失調症
  • インフルエンザ
  • 風邪

眼精疲労の対策方法は?

眼精疲労の疑いがある場合、なによりも目を休めることが第一です。パソコンやスマホを見るときには、少なくとも1時間ごとに5分ほど休憩をとるのがおすすめです。就寝時も、30分前にはモニターからの光(ブルーライト)を受けないようにし、良質な睡眠を取るようにしましょう。

また普段から目が疲れているような人は、濡らしたタオルをレンジで温め、ビニール袋などに入れて目頭を温めるとよいでしょう。血行が良くなることによって、疲労回復効果が高まります。

眼精疲労の対策方法に関しては、こちらの記事で詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

専門家を頼るなら鍼灸施術を受けるのがおすすめ

眼精疲労が疑われる場合、専門家に頼るのが一番です。特に鍼灸の施術は、眼精疲労はもちろんのこと疲れ目や頭痛、目の充血、頭痛、肩こりなどにも効果を発揮します。なぜなら、鍼灸の施術は自律神経系や免疫系に作用するからです。

鍼灸の施術をおこなうことによって、血液やリンパの流れがよくなり、筋肉の緊張が緩和します。その結果、人間が本来持っている自己治癒力を高めることが可能となるのです。

ぷらす整骨院の眼精疲労へのアプローチ方法

鍼灸治療を行う整骨院の先生

ぷらす整骨院にも眼精疲労でお悩みの多くの患者様が足を運んでくださっています。当院では以下のような方法で眼精疲労にアプローチしています。

  1. 1.カウンセリングで症状や原因を詳しく伺います
  2. 2.患者様の症状に合わせた施術方法をご提案させていただきます
  3. 3.事前に施術内容と費用をしっかりと説明するので安心して施術を受けていただけます
  4. 4.技術力の高い国家資格者が筋肉マッサージや鍼灸施術で眼精疲労改善をお手伝いいたします
  5. 5.一時的な緩和ではなく再発しない体を目指します

特に重要なのが、再発しない体を目指すという点です。人間には誰でも自分で自分を治す力=「自己治癒力」が備わっています。当院では、その力を発揮するサポートを全力でおこなっています。

まとめ

目の疲れと眼精疲労は混同されがちですが、朝起きても目の疲れが残っている場合、眼精疲労を発症している可能性があります。

眼精疲労を発症すると目だけでなく、全身に悪影響を与えてしまいます。普段から目が疲れるという方はなるべく目を休め、眼精疲労の疑いがある場合には、速やかに専門家に相談しましょう。