PageTop
BLOGブログ

顎の痛み、動かしにくさ

[顎関節症]

2017.5.4

こんにちは。
GWも終盤にさしかかっておりますが、皆様身体の調子はいかがでしょうか。
本日は顎の症状と治療に関してのご紹介をさせていただきたいと思います。
顎は身体の中でも非常に大きな役割をします。
声を出す。ものを食べる(噛む)という日常生活の中の大きなウエイトを占めるものに密に関わりが強いからです。
そのため、非常に繊細なつくりになっており、ちょっとしたズレや筋肉の緊張でも症状があらわれます。
その中で重要な治療は、「筋肉の緊張を緩める治療」「正しい動きを覚えこます運動」「歪みを取り除く治療」です。
その目的を達成するために様々な治療がありますが、当院でお勧めするのは「鍼灸治療」「頸椎の矯正」です。
顎周りの筋肉は案外しっかりしているのでマッサージ治療だけよりも、
それに加え鍼灸治療も併用していった方がより高い治療効果が期待できます。
マッサージや鍼灸治療は筋肉を柔らかくしていくための治療で骨格に関しては骨を直接動かさないと治りません。
そのため顎の骨と密接な関係にあるのが首の骨(頸椎)になります。
頸椎と顎の骨はお互い関節をつくります。なので顎の骨を治していくためには頸椎も治さないといけないのです。
以上が顎の治療を進めていくうえで大切なことです。
また細かな説明は当院スタッフまで直接お聞きください。