PageTop
BLOGブログ

スポーツ外傷

[スポーツ障害]

2016.10.1

高校生の女性でバレーボールの部活をしてる方の治療です。
この女性はバレーボールでセッターをされていて腰と右の手首が痛いと来院されました。
立っているだけで腰が痛くなり、少し体を指圧すると痛いという症状です。
治療内容としては、直接腰にアプローチをかけると痛みが増大するので、骨盤の歪みを治す治療と骨盤まわりから筋肉をほぐしていくと約一か月で腰はマシになり腰に直接触れずにも体は良くなるのです。
そして次の症状としては、右の手首が曲がらないほど痛みがありボールも触れない状態でした。
そして家での指導をしました。
アイシングの家での指導
ボールをトスしない
あとは僕たちが治します。そして動かしながら筋肉をほぐす治療を積み重ねていき、今ではボールをしっかりトスもできるようになりました。
ぷらす整骨院では、こうしたスポーツ外傷や家での指導もさしていただきます。
なにをすればいいかわからなくて困ってる方はぜひ一度来院してください。