どこに行っても治らんかったのに良くなった。ありがとう。一回の治療で良くなった!すごい!そんなお声をたくさんいただいております。

スポーツ傷害

スポーツをすることで起こる障害や外傷などの総称のことです。

スポーツ障害とは、長期的に同じスポーツを続けることにより、身体の一定の部位に負担がかかって起こる障害のことです。成長期の子供から成人まで幅広い年代で起こります。代表的なものは疲労骨折が上げられます。

スポーツ外傷とは、スポーツでの転倒などによる突発的なケガのことで、骨折・脱臼・捻挫・肉離れなどのことです。

これらは的確な判断と応急処置の早さと正確さにより、完治するまでの期間に大きな差が生まれます。足首を捻ったから捻挫だと思っていても、実は骨折を併発していることが少なくありません。判断を誤ると痛みが引かず、機能障害を引き起こしパフォーマンスが大きく低下してしまいます。

ぷらす整骨院では、スポーツ現場でのトレーナー活動を通し、専門性の高い知識を習得したスタッフが多く、早期完治への治療計画を徹底して立てているため、パフォーマンスを落とすことなく早期復帰に導きます。
ケガをしたけど大事な試合を直前に控えている方は、すぐにぷらす整骨院にお越しください。