ギックリ腰多発中、要注意!

ぷらす整骨院 都島せぶん院 , , , , , ,

先日、また、ギックリ腰の患者様が来られました。

詳しくお話を聞くと、
仕事が終わり、帰宅ののち、ソファーに腰かけて休んだのち、立ち上がろうとした際に腰を痛めたとのことでした。
痛みが強いけども、痛み止めを飲み、コルセットをすることで動いていたが、痛みがあまり変わらず、3日経過したので、ご通院いただいたとのことでした。
現状では、痛みが強くて座っているだけでもつらい。
膝・腰を伸ばして歩けない。
壁があるところでは壁に手をついて歩く。
という状態でした。

早速、お体の状態を確認させていただいたところ、
腰の前屈、後屈共に制限と激しい痛みがあり、特に後屈どころか腰を伸ばすことができない状態でした。
じっとしているだけなら何とかなるけど、少し動くだけで、激しい痛みがでる。
また、腰背部・臀部・太ももの筋肉の緊張がとても強く、熱感もまだありました。
また、骨の歪みを確認したところ、腰と首にゆがみがあったため、常に筋肉がストレスを受けるために回復が遅れていることもわかりました。

仕事が忙しくなるため、早く治したいということでしたので、全身の即効矯正を行いました。
そののち、鍼を使って痛みの強い部分の筋緊張を緩め、
最後にテーピングをして筋肉の負担軽減と回復が早くなるようにしました。
そうしたところ、『翌日には痛みは半分以下』になっており、腰を伸ばして歩くことができるようになっていました。
ですが、大きく曲げ伸ばしをしたとき、起き上がり動作ではまだ痛みが強いため、一度横を向き、手をついて支えて上体を起こすようにお伝えしました。
また、歪みがましになったとはいえ、まだ残っていたため、続けて矯正を行い、再度鍼、テープを行いました。
そうすることで、3度目に通院された際には、痛みは当初の2割ほど(体感)までに抑えられていました。
痛みが大きく引いたので、お仕事の比率を上げ、通院頻度を調整し、年末までに治していくようにペースを落としました。

ぷらす整骨院では、目的に合わせて通院頻度や治療内容を変えていき、患者様の目指す状態へもっていくことを優先します。
「今はとりあえず痛みをとりたい!」
「骨の歪みもとり、健康を取り戻したい!」
「その日までにこうなりたい!」
など、要望がある方は、ぜひ、ぷらす整骨院までご相談ください。

ぷらす整骨院 都島せぶん院

大阪市都島区善源寺町1-5-48 大東北ビル1階
地下鉄谷町線都島駅4番出口 徒歩1分

受付時間

  • 平日9:00~12:00 16:00~21:00
  • 土曜9:00~14:00
  • 休診日 日曜・祝日
今すぐお電話を
06-6955-9752 ぷらす整骨院 都島せぶん院詳細