身体のだるさ疲れは取れていますか?

みなさん、こんにちは! 梅雨に入ってジメジメとした季節になってきました。
皆さんはどうお過ごしでしょうか?
家でゆっくりとされていますか? 体を動かしていますか?
この時期は身体がだるくなったり、何かしら異変がおきやすい時期ですよね。

そこで今回は梅雨の時期特有のだるさについてお話ししましょう。

この時期はどうしてもだるさや足のむくみなど慢性的に身体の疲れが取れずらい時期です。

だるさや体に起きる反応としては
・体が重くてだるい
頭痛、肩こり、めまい、耳鳴り、寝付けない、朝起きられない
・食欲不振
消化不良、下痢、便秘、吐き気、むくみ、新陳代謝の低下
・思考、集中力の低下
イライラしやすい、ダラダラしがち、焦りや不安感が高まる、気力の低下、性欲の低下
・持病の悪化
関節痛、神経痛、古傷が痛む、アレルギー発症など

原因として様々なことがあげられますが、原因のひとつとして気圧が関係している場合があります。
お天気がいい日は気持ちが高ぶり、活発モードになりますが、雨の日など、天気が悪く低気圧の日は、副交感神経が優位になるため、
脳や筋肉がリラックスした状態になります。同時に血圧が下がりやすく、細胞へ行き渡る酸素量が減るため、
自然と全身の機能も低下しがちになってしまいます。
これこそが気象による体調変化の原因。
雨の日が続く梅雨時期は特に自律神経のバランスを崩しやすいため、交感神経と副交感神経系のバランスを整えるようなケアが必要です。
交感神経が優位になるとストレスを感じやすくなるため、体は末梢血管を収縮し、
肩こりなどの血行不良や、偏頭痛、腰痛、冷え、むくみなどをさらに加速させてしまいます。

自律神経の乱れとよく言われるものがまさにこのことです。
気持ちはリラックスしているのに、神経のバランスが崩れるので筋肉が緊張してストレスを感じてしまう為
だるさとして反応がでたりします。

なお、雨の日に(古傷が痛む)と言われるのも交感神経が痛みを感じる神経を直接刺激を送ったり
血管が過剰に収縮され経連が起こり血管周囲の皮膚に刺激がはいるからだと言われています。
交感神経は痛みですが、副交感神経が優位になるとだるさや眠気がでます。

身体へのストレスや、神経のバランスを良くしていくために

1.規則正しい生活を心がける 2.朝夕の入浴でモードを切り替える 3.甘い物、塩分、油分に気をつける
4.晴れた日は太陽光を浴びる 5.体を冷やさない 6.運動をする7.呼吸を意識する 8.こまめな掃除と除湿を徹底する
9.胃腸を整える 10.マッサージをする

この10箇条が大事だと言われています。
自宅でできるものが多いですが、マッサージについては

マッサージをただするのではなく専門的に骨格から緊張をとりマッサージをすることで
劇的に身体が楽になります。 筋肉のついているのは骨ですから、使い方から変えて
身体全体や神経・筋肉のバランスを整えましょう‼

ぷらす整骨院 都島中通院

大阪市都島区都島中通1丁目1-10
地下鉄谷町線都島駅 徒歩10分, 京阪本線京橋駅 徒歩10分
京阪本線京橋駅 徒歩10分

受付時間

  • 平日9:00~12:00 15:00~20:00
  • 土曜9:00~14:00
  • 休診日 日曜・祝日
今すぐお電話を
06-6927-4970 ぷらす整骨院 都島中通院詳細