実は、こんなことが!

ぷらす整骨院 都島中通院 , , , , , , , ,

皆様、最近ますます冷え込んでくることが多くなってきましたね。
寒くならないように、身体を冷やさないようになど
たくさん服を着たり、運動をしてみようと思いますよね。

そこで冬だからこそ知っておきたい、気をつけたい身体の不思議を
今回はご紹介させていただきます。

まず、基礎代謝についてです。
基礎代謝は一般的に夏に低く、冬に高いとされています。
また、生活活動強度が高いほど1日のエネルギー消費量が大きくなるので、
活発に活動する生活習慣を持つ人の方が、エネルギーが消費されやすくなります。

冬に筋力トレーニングを行い、エネルギー消費量の高い身体活動や運動を行うことは、
基礎代謝を高めてエネルギーを消費しやすい身体をつくることに効果的です。
また、冬は寒さにより手足の血管が収縮して血流が低下しやすくなります。
血流が低下すると筋肉で消費されるエネルギーも少なくなるので、運動を行い、
血行を促すことはエネルギーを消費しやすい身体をつくることに役立ちます。
冬は外に出るのが寒くてついつい家の中にこもりがちとなり、運動不足になりやすいので、
冬に運動を行うことは運動不足や肥満の解消にもなります。

脂肪の摂取量が少ないほど、季節の影響を受けやすいといわれており、運動とともに脂肪を控えた食事を摂るように
意識することで基礎代謝を高めやすくなるといえます。

次に今の時期のトレーニングでの注意点です。

冬は寒さの影響で体温の下げないように血管が収縮して血圧が上がりやすくなり、心臓への負担が大きくなります。
暖かい室内から寒い屋外へと移動した際の血圧の急激な変動によって心臓の血管が過剰に収縮して心筋梗塞の原因となることもあります。
寒いと筋肉も収縮して硬くなりやすく、柔軟性が低下するため、筋肉や靭帯、腱などの損傷も起こしやすくなります。

寒い冬には気温の変動が少ない屋内での運動を行うことや、外へ出る時は朝・夜の冷え込む時間は避け、
できるだけ日中の日が射す暖かい時間を選択して十分に防寒し、身体への寒冷刺激の影響を少なくしましょう。
運動前にはストレッチや体操などの準備運動をしっかりと行い、身体を温めて筋肉の柔軟性を確保することが大切です。

最後に汗についてです。

汗は二段階の工程を経てつくられており、まず血液から汗がつくられ、次に曲導管(汗となって分泌される管につながる管)で
ナトリウムイオンが再吸収されて薄められた後に汗となって皮膚から蒸発します。
最初につくられる汗は塩分濃度が高く、そのまま体外に汗となって排出されると体内の多量の塩分を失ってしまうので
塩分(ナトリウムイオン)を再吸収することによって汗を薄くしているのです。

汗の量と塩分濃度は比例しており、汗の量が多くなるとナトリウムイオンの再吸収の機能が十分に行えず、
塩分濃度の高い汗となります。少しずつかく汗は、さらっとした塩分濃度の低い汗ですが、大量にかいた汗は、
べたつきのある塩分濃度の高い汗となります。大量にかく汗からは多量の塩分が失われ脱水の危険が高くなります。
少しずつ汗をかくことがよいといえます。

繰り返し暑熱の負荷がかかり、暑熱への身体の慣れが生まれることで汗の分泌機能が高まり、塩分濃度の低い良い汗が出るようになります。
良い汗は、汗の出始めるタイミングが早いので体温の上昇も少なく、心拍数の増加も軽減できます。
曲導管でのナトリウムイオンの再吸収も増加し、塩分濃度の低いさらっとした汗となります。

上記の事に気を付けて冬のトレーニングをしたり、健康な身体作りをしていきましょう。

ぷらす整骨院 都島中通院

大阪市都島区都島中通1丁目1-10
地下鉄谷町線都島駅 徒歩10分, 京阪本線京橋駅 徒歩10分
京阪本線京橋駅 徒歩10分

受付時間

  • 平日9:00~12:00 15:00~20:00
  • 土曜9:00~14:00
  • 休診日 日曜・祝日
今すぐお電話を
06-6927-4970 ぷらす整骨院 都島中通院詳細