頭痛で悩んでいる方へ

こんにちは。ぷらす整骨院 都島中通院です!

今日は悩まれてる方も多いと思う『頭痛』についてお話いたします。
いつどんな時に起こるかわからない頭痛はお薬を飲まれている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
日ごろから慢性頭痛に悩まされている人、いわゆる「頭痛もち」は日本人の3人に1人くらいとみられます。
慢性頭痛にもいろいろありますが、一番多いのが「緊張型頭痛」で、15歳以上の日本人の22.3%を占めます。
次に「片頭痛」(8.4%)、さらに珍しいものとして「群発頭痛」があります。

緊張型頭痛の痛みの程度は片頭痛に比べて軽く、頭全体が重くなって圧迫されるような、グーッと締めつけられる
ような痛みがあります。このうち筋肉のこりからくる緊張型頭痛は、デスクワークで長時間前かがみの姿勢を続けたり、
パソコン画面を長く見続ける人などに多くみられます。合わない眼鏡をかけていたり、その他の目の疲れによっても起きてきます。
心からくる緊張型頭痛は、職場の人間関係や家族の問題など、精神的なストレスに弱い人に多いようです。頭痛の起こり方も、
漠然とした頭の鈍重感に始まり、1日中持続する傾向があります。

片頭痛の患者は女性の方が男性よりも3.6倍も多いです。特に30歳代女性の約20%は片頭痛をもっています。
症状としては、ズキンズキンという拍動性の痛みが、頭の片側(ときには両側)に起こります。痛みの原因は、
血管の周囲が神経原性炎症を起こしたり、血管が異常に拡張するためと考えられます。
発生頻度は月に1、2回ほどで、痛みは数時間から、長い人で3日間ほど続きます。吐き気を伴い、光をまぶしく感じたり
、音にも敏感になります。片頭痛の患者さんの中には、生あくびが出たり、空腹感やイライラ感がつのりだすと、
「前もって頭痛が来るのがわかる」という人がいます。また、頭痛の前兆として、目の前にキラキラした光が出現して
視野がぼやける「閃輝暗点」という症状が現れる人もいます。

群発性頭痛とはあまり知られていない方もいますが片頭痛が女性によくみられるのに対し、
この群発頭痛は男性に多くみられ、片目の奥に突き刺されるような強い痛みやえぐられるような強烈な痛みが特徴です。
頭痛発作の頻度は、半年から2~3年に1回程度という方が多いですが、ひとたび起こると1~2か月もの間、ほぼ毎日のように激しい頭痛が続き、
しかも1日1回から数回、決まった時間におこるとされています。ちなみに、頭痛発作の起こりやすい時間帯は、
深夜や明け方といわれています。まれに不定期に起こることもありますが、時期もだいたい決まっているという方が多いです。
群発頭痛は、激しい目の奥の痛み以外にも、痛みがある側の目の異常(充血や涙が出るなど)や鼻周辺の症状(鼻水や鼻づまり)、
発汗などの症状をともなうことがあるといわれています。じっとしていられないほどの目の奥の強烈な痛みとこれらの症状がみられるのであれば、
群発頭痛の可能性が高いかもしれません。

この様に頭痛にもさまざまな種類があり、普段、緊張状態にある身体がリラックスする際
脳の血管が収縮した状態から拡張することによって起こるものであったり、
首や肩の激しい筋緊張によって起こるものであったり、食べ物や飲み物が原因によって起こる
ものもあります。
ぷらす整骨院ではこの様な症状の患者様に対して鍼灸治療や矯正治療など
さまざまな治療方法があり、改善したというお声も頂いております!
悩まれている方は一度ご相談にお越しください。
一緒に症状を治していきましょう!!

ぷらす整骨院 都島中通院

大阪市都島区都島中通1丁目1-10
地下鉄谷町線都島駅 徒歩10分, 京阪本線京橋駅 徒歩10分
京阪本線京橋駅 徒歩10分

受付時間

  • 平日9:00~12:00 15:00~20:00
  • 土曜9:00~14:00
  • 休診日 日曜・祝日
今すぐお電話を
06-6927-4970 ぷらす整骨院 都島中通院詳細