スポーツ前後のケア

ぷらす整骨院 京橋院 , , , ,

本日に10歳の女の子で両方の足首が痛いと初めて来院されました。

この患者様は体操を2歳から始めて週に2回練習をしているという事でした。痛めた原因としてはオーバーユースです。問診を進めていくと5日間連続で練習を行い、外傷は無く痛みを発症しました。歩くだけでも痛い状態でした。

オーバーユースに当てはまるものとしては以下が上げられます。

①練習量が増えた

②練習環境が変わった

③ウォーミングアップ不足

④練習後のクールダウン不足

この患者様は①~④全てに当てはまり痛みを発症しました。治療方法としては歩く時の痛みをまず治さないといけないので、足首が内側に傾く『内反足』を治すテーピングとマッサージ治療を行いました。がスポーツを続ける事で同じ個所に負担はかかり続けるのでストレッチの指導を行い自分の体は自分でケアをするようにも伝えました。学生の患者様も当院は沢山来られますが大半は③と④をきちんと部活動や、クラブチームでしていない、教えてもらっていないという声を本当に沢山耳にします。このような患者様を一人でも無くす為に当院では、運動前後のケアの方法も力を入れて説明させて頂きますのでお気軽にご相談下さい。

ぷらす整骨院 京橋院

大阪市城東区新喜多1-4-68
JR各線京橋駅南口 徒歩1分

受付時間

  • 平日9:00~12:00、15:00~20:00
  • 土曜9:00~14:00
  • 休診日 日曜・祝日
今すぐお電話を
06-6930-4970 ぷらす整骨院 京橋院詳細