冷え込んで来ている冬こそ自律神経ケアを!

ぷらす整骨院 上新庄院 肩こり腰痛センター , ,

寒さの厳しい季節になりました。

冷え性のひとには辛い季節ですよね。多くのひとが冷え性の原因が自律神経の働きに関係していると知っていても

ケアの仕方がわからない方がほとんどです。今回は1日を通しての自律神経のケアの仕方を教えていきます。

まずは、自律神経の乱れがないチェックを行います。6項目のうち3項目以上当てはまる方は自律神経のバランスが崩れいる可能が大きいので、今から教えるケアをぜひ実践してください。

朝のケアとしては適度な運動をしてください。運動をすることで眠っていた体がおきて血行不良の改善になります。

昼間のケアは目元を温めること。日中パソコンなどで目が疲れたり、ストレスで交感神経が優位になります。

そうなると血管が収縮し冷え性の原因になります。それを防ぐために目元を温めることで、副交感神経に入れ替わり温まります。

夜のケアはお風呂と首元を温めること。お風呂に入ることで温もった血液が体全体に行き渡るため冷えにくいのと。

就寝30分前に首元を温めるとより血液循環がよくなるので、副交感神経に切り替わりやすくなります。

この3つの項目を実践して冷えのない冬を過ごしてください。

ぷらす整骨院 上新庄院 肩こり腰痛センター

大阪市東淀川区瑞光1-2-11 阪口ビル1F
阪急京都線上新庄駅南口 徒歩2分

受付時間

  • 平日9:00~12:00 15:00~20:00
  • 土曜9:00~14:00
  • 休診日 日曜・祝日