20年間睡眠薬がないと寝れなかったのが寝れるように!!

ぷらす整骨院 上新庄院 , , , , , ,

40代女性の方が来られました。

出産をされてから夜が寝れなくなったのが約20年間続いていたとのことでした。
子供が大きくなったら寝れるだろう・・・と思っていたが、なかなか改善せず、
病院に行かれたそうです。
そこで、疲れと診断され睡眠薬を処方してもらったとのことでした。

なるべく休息をとるようにしたが、一向に良くならず諦めていたとのことでした。
実は、実際は今回治療に来られたのは肩の痛みでした。
問診をさせて頂いてる中で寝れないとの言葉を聞きました。

人は寝ている間に身体を回復させるのですが、寝れなければしっかりと回復できません。
案の定、起きたときにスッキリ!!ということがほとんどないとのことでした。

なので、肩の痛みを治すと同時に睡眠に対しての治療もスタートしました。
睡眠がとれない原因としては、自律神経の乱れが大きく関係します。
そのため、矯正治療を受けていただけました。
矯正治療には歪みを整える効果があります。
歪みが整えば、自己回復力が高くなり自分で治す力が強くなります!
自分で治す力が高くなると異常をきたしている自律神経も自分の力で整えることができます!

治療を終え、肩の痛みがスッキリととれました!
しかし、大事なのはこれからです。
薬も飲まずに夜寝れたのか、朝起きた時の状態を確認することが重要でした。
私も治療後の状態や朝の状態がとても気になり、
心配でした。
そして、次の日来ていただいたところ
「何十年か振りに熟睡できた!」ととっても喜んでいただけました!!
そして、治療を重ねること一か月、矯正も薬も飲まずに熟睡寝れるようになりました!
そして案の定、熟睡できるようになり必然的に肩の痛みもなくなりました!

睡眠とは1日の約3分の1を占めています。
一番体力を使うとも言われており、とても重要なところです。
そこに支障が起きると身体への影響はとても大きいです!!

生活リズムが崩れて寝れない、なぜか寝れない、薬がないと寝れないけど、
飲みたくない。でも治らない・・・と諦めていませんか?
原因を整えることにより確実に改善します。
その為に私たちが出来ることを全力でサポートさせていただきます!

人間には自律神経には交感神経と副交感神経の2種類があり、ちょうどスイッチのように活動している時の神経〔交感神経〕から休息する時の神経〔副交感神経〕に切り替わることで、眠ることができます。
不眠症の方は、このスイッチの切り替えがうまくできないため、眠ることができないのです。

病院から貰っているお薬を飲めば、確かに眠ることができます。
しかし、睡眠薬は交感神経と副交感神経の切り替えを強制的に行う薬なので、自律神経は乱れたままです。
自律神経は睡眠以外にも、内臓、血管、ホルモンバランスなど、身体のありとあらゆる場所を調整するとても大切な部分です。
自律神経が乱れたままだと、充分な睡眠が取れず、疲れが取れないだけでなく、身体の様々な部分に不調が出てきてしまいます。
薬がいらなくなったことは、それだけでとても素晴らしいことですが、なによりも睡眠薬を飲まなくても眠れるようになったということは、元の原因である自律神経から整ったということなのです。

ぷらす整骨院では、症状が出る原因に対して治療を行う根本治療を行っております。
同じ眠れるようになったのでも薬で眠れるのと、ぷらす整骨院の治療で眠れるのとでは、中身が違うのです。
患者様にしっかりと良くなっていただくために、症状を原因から取り除きます。
これ以上は良くならないと諦めている方、騙し騙し我慢している方がいらっしゃいましたら、諦めないでぜひ一度ぷらす整骨院にお越しください。

ぷらす整骨院 上新庄院

大阪市東淀川区瑞光1-2-11 阪口ビル1F
阪急京都線上新庄駅南口 徒歩2分

受付時間

  • 平日9:00~12:00 15:00~20:00
  • 土曜9:00~14:00
  • 休診日 日曜・祝日
今すぐお電話を
06-6770-9525 ぷらす整骨院 上新庄院詳細