「ぷらす整骨院」で働く人たち

INTERVIEW

原田 侑 24歳 1年目(6ヶ月)

環太平洋大学卒業

中通院勤務

本当の自分を知ってもらえた。
生涯の友が出来たアカデミー。

将来何がしたいのか、
それにすら向き合えていなかった。

今思えば、何事にも熱意を持てない時代が長かったんです。最初から柔整のことも、本当に熱意をもって志ざせてはいなかった。高校までこのガタイどおりのスポーツ一筋。大学を選んだ理由も先輩が進学していたから…なにかスポーツ分野に関わっていけたら、という漠然としたもの。高校が強豪校だったのもありプロトレーナーの方と接する機会だけには恵まれていて、自分がお世話になることも多かったのもあり「もしプロ選手の道でなくても、スポーツ関連なら得意かも。だから、そっち方面に進もうかな…」なんて、ホントふわっとした感覚で進学しました。

自分にないものに触れた時、
熱くなれる沸点が変わった。

これといって熱中できない…今考えればですが、人生を決めることに不安があった、というか自分に自信がないという面を隠していたのかも。だから、自分に全く無いものに唐突に出会ってしまった時には倍以上のインパクトがあったんだと思います。就職セミナーで社長と人事担当の方とお会いし、そこで情熱的に「人生をかけるのが仕事、それこそが生きる目的」といった熱さを感じた瞬間、なぜか本能的に「お願いします!」と言う言葉が、まさかあの自分の口から出てたんです。でも面接時には、あいかわらず「なぜ選んだのか?」という質問に「直感です!」と思慮なく返事してしまっていましたけど(笑)

部活を上回る感動。一生涯の友ができて
しまう。長い人生の、あのたった数ヶ月。

自分の中では「よし!頑張ろう!」とやる気満々で、未来も楽しみでした。ただ忘れてたのは「全員、誰も知り合いのいない世界」とってこと。昔のようにチームメイトもいません、しかも自分は見た目がガッチリしているので、やさしそうな雰囲気には思われません。ホントは全然人懐っこいんですけど(笑)「もしかして、オレ浮いてる…?」という感覚も正直あり。でも、助けられたのがアカデミー研修でした。同期だけで一緒に学び、時間をともにし、時には食事や飲み会も。あるお酒の場で「ほんとはね、アナタの見た目が怖かったんです!」ある同期の女子に泣かれてしまったのは、いまではもう、いい思い出(笑)今は自分のことも皆に知ってもらえて、日々励まし合い競える、皆がかけがえのない生涯の仲間として支えあってます。

応募・お問い合せはこちら