ブラザー制度

BROTHER SYSTEM

最初の1年間、頼れるブラザーが一緒。

ぷらす整骨院だけの「ブラザー制度」とは?

入社後にはそれぞれに、一年間「ブラザー」として手取り足取り面倒を見てくれる先輩が紹介されます。「誰も知り合いのいない場所…」そんな不安を取り除いてくれます。この制度では、治療の技術、仕事への考え方、患者様への接し方や気遣いのコツ、だけでなく、仕事以外のことでも、何でも相談にのってくれて、精神的にも支えてくれる。それが「ブラザー制度」というパートナー、バディ制度です。

当グループの離職者が圧倒的に少ない理由。

実は、整骨院を離職してしまう理由の中では、悩みやがあっても、それを相談する相手がいなかったというものが多いのです。人付き合いが得意じゃない、なかなか輪にはいっていけない…そんな心配は一切いりません。エニアグラムや性格診断テストなど科学的に立証されている理論を活用し、もっとも相性のいいブラザーをコーディネートしています。

  • 橋下加奈子

    24歳 4年目

    橋本から見る「妹・阪本」

    「この子からの電話なら、何時でもいいよ」と思ってます。
    自分で言うのもアレですが、わりとサバサバしているキャラなんで。もう、それもバレちゃってるので、妙に演じるのもどうかと思い普段から素で当たってます(笑)阪本は一本気なとこがあり、それが過ぎていつも壁にドーン!ってなってます(笑)だからその壁ののり越え方、突破の仕方というか…経験は確かに足りないから、私が引っ張ってあげなきゃって思ってます。

    びっくりするくらい…例えるなら男同士みたいな関係ですね。
    私としても「助言は素直に受け入れる、だから遠慮なくストレートなアドバイスの仕方で大丈夫なタイプ」って相手を理解してます。お互いの壁を無くしてハッキリとモノが言える関係ですね。悩みをぶつけられたら「うん、わかった。ちょっと今から家来なよ」と私も正面から当たっていく、まわりくどくなく結構シンプルな仲ですよ。

  • 阪本 典子

    22歳 1年目(6ヶ月)

    阪本から見る「姉・橋本」

    叱咤激励してくれる姉がいる、という感覚に近い(笑)
    本来「自分が選んだ、自分がやりたかった仕事」って思い返して、自己解決できればいいんですけど…想像してなかった事に直面すると対応出来ないとか。経験不足に悩んだりする性格なんです。いつまでもウジウジしてしまいそうな時に「ほら!頭切り替えていくよ!」って、背中を押しててくれる、ものすごくありがたい存在です。

    話して、相談して。それだけで自分を成長させてくれる。
    弱い部分も含めて全部打ち明けて、相談にのってもらえる相手がいるのはすごく助かります。先輩(橋本)は、さっぱりしていながら、考えている事が深くて、ポイントもついていて、いろんな面で万能な人(笑)自分が目の前しか見えていない時に、横で冷静に「ねぇ、阪本、こんな見方も考え方もあるんじゃない?」ってアドバイスが、自分の視野と考え方を拡げてくれます。

  • 泉本 直央

    29歳 3年目

    泉本から見る「妹・宮村」

    相談してくるときは、よっぽどのことがあったのだろうと思います。
    とてもストイックな女性。いろんなスタッフを見てきましたが、彼女の心の芯はものすごく強く、とてもしっかりしています。その反面、どうしてもストレスを逃がすのが上手とは言えない。私に相談に来るときは「なかなか我慢したんだろうな」という心境です。ガスを抜いてあげられる場所として、私の存在があればいいかなと思ってます。

    他人が思う以上に他人思い。不器用だけどそれがちゃんとある。
    誰よりも自分が患者様を楽にしてみせる、という気持ちの塊のような人物。ただ、それを人に伝えるのが得意じゃないから、もったいない。私がしっかり見届けられるこの一年で、すごく献身的で他人思いなところがあるのを周囲にも知ってもらえるようになればと思っています。

  • 宮村 恵梨香

    22歳 6ヶ月

    宮村から見る「兄・泉本」

    本当によく観察してくれてる、理解してくれてる。
    実は私はプライドが高いというか、負けん気が強いタイプで。内心、同期の中で一番じゃなきゃ気がすまないし、思うように出来なかったらすごくヘコみます。そういう時って中途半端な言葉をかけてほしくない…って心境わかります?でもね泉本院長はいつも、ホントにいいタイミング、いいスタンスで声をかけてくれるんです。

    LINEが多いかな。でも、たまに特別講義も頼み込んだり。
    自分がちょっと納得がいかなかったり、少し行き詰まった時には「閉院後、ちょっといいですか!」って個人指導をお願いすることもあります。私の性格も理解してくれていて、嫌な顔ひとつせずに特訓に付き合ってくれます。ご家族もいらっしゃるし、そうでなくても疲れているはずなのにね。本当に頭が上がりません。

応募・お問い合せはこちら